不動産の家賃と収入のバランスをとる|快適な住まいの計画

購入はどういう流れなのか

集合住宅

部屋探しから引渡しまで

東京で駅近のロケーションに住みたいという会社員の方も多いですが、一戸建てを購入するよりもマンションのほうが立地が良い場合が多いのではないでしょうか。東京や近郊でも駅直結マンションなどは人気で、雨でも濡れずに家に帰れるというのは大きなメリットですね。東京にも中古マンションは多く販売されていますが、物件を探してから購入に至る手続きはあまり知られていませんので解説します。最初は中古マンションの情報収集から始めますが、気に入った物件があったら不動産会社に問い合わせをして現地を見学します。東京で中古マンションを見学する数はその家族によって様々ですが、多く見過ぎると逆に決める事が出来なくなるというジレンマが起こる事があります。あまり条件を厳しくし過ぎてマンション探しジプシーにならないように気を付けましょう。気に入った物件があったら購入申し込みをして、ローンの事前審査を受けます。本番とは違いますが事前審査で通っておけば、買い主も売主も安心ですね。購入申し込みから本契約までは一週間程度と短い場合が多いので、あれよあれよという間に進んでいるという感じになります。売買契約を結ぶ時には手付金を支払うので準備しておきます。契約が済んだらローンの本審査に入りますが、事前審査と違って少し時間が長くかかるので焦らないようにしましょう。融資が降りたら残金を支払って家を引き渡してもらいます。これで中古マンションがあなたの物になります。